6月 26, 2014 · 通信高校 · (No comments)

通信高校では、多くの高校が単位制という大学と同じような教育方法を取り入れています。自分で時間割などを組み立てるものなので、2年生以降からは選択科目という教科が増えるそうです。通信高校では学校によって、この選択科目に個性が出ているそうです。


通信高校の選択科目はさまざま

中には芸術科目の選択科目にダンスやイラストなどを導入して、通信高校の生徒が自分の好きなことをして単位の修得ができるような工夫をしている学校もあります。そのほかにも、英会話、科学の実験などを選択科目として扱う高校もあるので、通信高校をどこにするか考えたときには、選択科目に着眼するのも一つの手段かと思います。


受験などを考えるときは、選択科目で失敗しないように

大学受験などを考える場合には、生物や化学など野一部の選択科目が、受験資格に備わることを頭に入れて置かなくてはなりません。高校卒業資格を得るためには、必修科目と選択科目を組み合わせた74単位が必要なだけですが、進学を目指す場合、変わってくる可能性もあります。履修届の提出時期などに合わせて、自分の進路と選択科目のバランスを担任の先生や進路指導の先生などと相談して進めていくことが大切です。